G-GL0G0TRLCN

ゼブラフィッシュTol2遺伝子導入サービスのご案内

Tol2トランスポゾンを用いたシステムを利用して、ゼブラフィッシュのゲノムにさまざまな種類・大きさのDNAを挿入します。

 

Tol2遺伝子導入を利用すると、以下のようなものを作製できます。

  • Creリコンビナーゼ-ドライバーライン
  • 転写レポーター
  • 組織特異的な遺伝子発現を解析するためのモデル
  • 遺伝子発現のタイミングを制御するモデル
  • ヒト化ゼブラフィッシュ

Tol2とCRISPRの比較

導入の性質 挿入部位 生殖細胞系列の改変 生殖細胞系列への導入効率 一般的な用語 F0(注入された胚)の表現型 最大インサートのサイズ
Tol2トランスポザーゼ
ランダム挿入
シングルあるいは複数
はい
50%以上
遺伝子導入あるいはトランスジェニックフィッシュ
モザイク
数kbから200kbまで
CRISPR / Cas9
特定のサイト
シングル
はい
〜2%から5%
ノックイン編集
モザイク
サイズが大きいほど効率が低くなります
ゼブラフィッシュゲノム編集:CRISPR対Tol2

Tol2遺伝子導入サービスオプション

標準注入ミックス 検証済み注入ミックス 検証済み注入動物(F0注入胚) フルビルド**(シーケンス検証済みヘテロ接合F1トランスジェニックフィッシュ)
Tol2プラスミドデザイン
インジェクションミックス(転移酵素mRNAを含む)
In vivo評価(F0における発現確認など)済みインジェクションミックス
巧妙に注入された胚
生殖細胞系列の伝達
スクリーニングと系統樹立
価格* 300,000円 600,000円 800,000円 2,300,000円
タイムライン 4〜6週間 4〜8週間 1〜2ヶ月 4〜6ヶ月


**フルビルドには、n = 100の成魚のスクリーニングが含まれます。標準的な飼育料金が適用されます。
すべてのサービスオプションでDNAのサイズが2kbを超える場合には追加料金が適用されます。

 

メリット

以下のようなメリットがあります。

  • 飼育期間が省けます。
  • 飼育期間の人件費が大幅に削減できます。

お問合せ・ご依頼